育児

子供と二人だけで快適にお風呂に入れる方法。お風呂チェアのメリットとデメリット

Pocket

我が子が生後6ヶ月になって育児奮闘中のたけちん(@take00919)です!

“奮闘”といっても、僕は日中仕事に出ているので子供の面倒のほとんどはうちの嫁ちゃんが見てくれていますが・・w

 

今回は子供を一人でお風呂に入れる方法について。

我が家では子供をお風呂に入れるのが僕の仕事のようになっていますが、一人で入れることって結構難しいんですよね。

これが簡単にできる方法があったらいいよなーっていつも思いながら我が子をお風呂に入れていましたが、これが一番安心して快適に入れられると思える方法がなんとなくできたのでご紹介します。

 

子供を一人でお風呂に入れるのは大変

まだ自分で体を洗えない子供をお風呂に入れる際、普段みなさんはどうやって子供をお風呂に入れていますか?

おそらく、多くの方が夫婦で協力してお風呂に入れているのではないでしょうか。

 

一人でお風呂に入れようと思ったら

・まずは自分の体を洗ってその次に子供を洗う

もしくは、

・まずは子供を洗って次に自分がお風呂に入る

 

という流れになるかと思いますが、どちらの場合も誰かもう一人がいて自分が体を洗ったりしている間に子供を見ておいてもらわないといけません

特に、僕の家のようにまだ自分で安定して座れなくて寝返りを覚えてしまった子供、手を伸ばして物を口に運ぶ楽しさを覚えてしまった子供をお風呂に入れる際は、子供を一人でおいておくとゴロゴロ動いてしまったり、なんでも口に運んでしまうので目が離せない。だから一人でお風呂に入れるっていう作業は結構大変だなってつくづく思います。

 

だから、多くの方は自分が体を洗う際だけでもパートナーに子供を見てもらったり、自分が体を洗う前後で子供を手渡し合ったりしてこの負担を軽減している状況が多いと思います。

 

しかし・・

こうなってしまうと、お風呂に入る際に二人とも手が離せなくなるので家事的にはかなり効率が悪い!

そんなわけで、今までどうにか一人でも簡単にお風呂に入れる方法はないかと模索をしていたんですねw

 

 

そして、概ね子供を安全に、自分が快適にお風呂に入れる方法を見つけて定着しつつあるので、今回ご紹介します。

 

重要ポイントとバスチェア選びについて

今回の子供をお風呂に入れる際のポイントは一つだけ!

子供から少し目を離しても安定した姿勢が取れるかどうかです。

 

これを行うためには以下のようなお風呂チェアが必要になります。

こちらは見ての通り、入浴の際に子供を寝かせたり座らせたりする道具です。

背面部の傾斜は110°、135°、165°の三段階に調整可能であり、成長に合わせてリクライニング角度を変化させることができます。また、このお風呂チェアにはテーブルがついており、子供が足を上げてもずり落ちたりしにくいだけではなく、テーブル上におもちゃがついていて、手遊びすると音が出るのでこれに注意を取られておとなしくなりやすいです。

対象年齢は生後2ヶ月〜2歳頃までと幅広いですが、僕の子供のように座れるようになってきたけど首がまだ十分に安定していない子供は頭のサポートがあって傾斜を変えられるこのチェアが非常に重宝します。

 

なお、このお風呂チェアは座面が普通のプラスチック製ですので、寒い時期などは直に乗せると少しお尻が冷たくなりそうなところが気になったりする方もおられるかもしれませんし、個人的にはボディソープをつけると少しだけ滑りやすくなるところが気になります。

そういった点が気になるような方はこちらのアップリカのお風呂チェアの方がおすすめです。

マットなので冷たさはないですし、少し滑りにくくなると思います。

 

 

また、お風呂に入る程度の時間はしっかり安定して座れる子供の場合は以下のようなものでも良いと思います。

こちらの場合は首のサポートがついておらず、テーブルもありませんので転倒リスクは上がるかもしれませんのでご注意を!

 

 

このように、何かしらお風呂チェアを持って入れば、自分が体を洗っている際に子供を座らせておいて手を離すことができるため、他にもう一人手伝ってくれる人がいる必要はありません

 

入浴方法

では、お風呂チェアを使って実際に我が子と入浴してみましょう♪

準備:浴室外

まず、入浴後にスムーズに着替えさせられるように準備をしておきます。

タオルを広げておき、オムツと着替えを用意しておきましょう。

 

上の写真の状態のままの状態だと子供をお風呂から上げてタオルに乗せる際にオムツと着替えがあって邪魔になるので、下の写真のようにこのスペースは空けておきましょう。

準備:浴室内

浴室内はこんな感じにセット!

 

お風呂チェアだけあれば体は洗えますが、僕の場合は子供の髪を洗うのが下手くそなので、このようなバスマットを引き、その上に子供を寝かせて頭を洗っています。たぶん上手な人はバスマットを使わずに頭もお尻も洗われると思いますが、自信がない方にはこれがおすすめ!

 

お風呂チェアはもちろん防水なので、このセットは一度浴室内に持ち込んでしまえばそのまま乾燥しやすいようにして置いておけばいいと思います。

準備も簡単♪

レッツ入浴!

準備ができたら入浴は簡単です。

子供の服を脱がせて一緒にお風呂に連れて入り、座らせている間に自分の体を洗うだけです。

個人的には最初に自分の体をサクッと洗ってしまい、そのあとに子供をお風呂につけたり洗ってあげます。子供を先に洗ってしまうと濡れたままで座らせていることになるので可哀想な感じがするため、自分の体を先に洗ってできるだけがっつり濡れている時間を少なくしてあげるようにはしています。

もちろん、自分が洗っているときに多少の水しぶきは子供にかかってしまうので、結構かかっちゃったときは自分の体を流すたびに子供にお湯をかけてあげると良いですよ。

エンジョイ

ちなみに、我が子は浴室でこのお風呂チェアに座らせると大喜びですw

コンプライアンスの問題あるので裸は載せれませんが・・

 

両手使いで器用に遊んでます。DJの素質あり!w

体拭き

あとはお風呂から上がって体を拭くだけなので簡単ですね。

 

一人でも安心して快適に子供とお風呂に入れる

さて、今回はお風呂チェアを使って子供を安全に快適にお風呂に入れる方法をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

 

こんなの当たり前だよ!w

ってベテラン勢のみなさんのヤジが聞こえてきそうですが、初めて子供を授かった親からしたらここまで一人でできるようになるまでって本当に大変ですよね。

 

僕も毎日お風呂に入れることが子供との日課になっているので、既に体洗いは一瞬でできるまでに職人化してきましたが、やっぱり一人で入れるのは準備含めてまだ10分以上時間がかかりますね。

 

でも、お風呂チェア使って少しは楽に入れられるようになってきたかな?w

 

我が子との大切な時間ですので、親・子供ともにできる限り快適なお風呂の時間になるように心がけたいものです。

二人で子供を入れるのであればお風呂チェア自体は大した道具ではなく、むしろ邪魔なぐらいですが、一人で入れる際には相当重宝するアイテムですので、まだ使っていない方は要チェックですよー(*^ω^*)

ぜひお試しあれ!

 

 

本日は以上で終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
たけ
たけろぐ執筆者。理学療法士&ピラティスインストラクターの資格を持ち、普段は医療現場で働く30代。地元鳥取の本当に美味しいグルメ情報をメインに、健康や体に関すること、節約、投資、育児などの生活に役立つ情報を幅広くご紹介しています!あらゆる“おいしい情報”をご賞味あれ😍